過去の記憶と現在の多様西瓜の種類の多さの違い

西瓜は冷やしていただくととても美味しいです。
記憶を辿ると、大玉西瓜を親戚の子どもたちで分け合って、わいわい言いながらいただいたことが頭に浮かびます。
大玉西瓜の記憶しかないので、西瓜は大玉のイメージが固定されています。
しかし、大玉だけではないです。

大玉種と小玉種があります。
小玉種はスーパーで見たことがあります。
しかし他人の家を訪問するには、やはり大玉を選んでしまいます。
赤肉腫と黄肉種があります。

内部の果肉は赤色だけではないです。
黄色やオレンジ色もあります。
黄色やオレンジ色は知りませんでした。
見て、味わってみたいです。

軽く調べてみたところ、福井県で栽培され、栽培された方も驚くほどの甘さだそうです。
球形と長楕円形があります。
西瓜といえば、丸い形だと思っていましたが、長楕円形もあります。
あの丸くて大きい大玉が、昔の記憶にどっかり居座っています。

しかし、多様性も求められる現在、いくつかの形の種類があっても不思議ではないです。
知らないだけで、様々な西瓜が存在します。
時節の変わり目などに、思いついた何かを調べると面白いです。
食べ物ならICT活用で調べて取り寄せて、味わいたいと思います。夜 即日融資