来年はどんな年にしたいかと考えてみました

年末なので、来年はどんな年にしたいかと考えてみました。
今年を振り返って思ったのは、最近は、なんでも面倒くさいと思ってしまうことです。
髪を切りに行くのも面倒くさい。友達に会うのも面倒くさい。
新しい習い事を始めるのも面倒くさい。
何でも面倒くさいと思って、なかなか新しい世界に飛び込んでいけないのです。
でも、毎日、何か始めなきゃ、もっと積極的にならなきゃと思うのです。
そんなことをぐちぐちと1年も悩み、結局、年が終わろうとしています。
なので、来年はこの面倒くさいから脱却して
なにか小さなことでもいいから、始めたいと思っています。
亡くなった小林麻央さんの「なりたい自分になる」です。
新しい髪型にもチャレンジしてみよう。
友達にも自分からランチを誘ってみよう。
ドイツ語を習ってみよう。
とにかくやること。
もし、続かなかったらそれでもいいから
とにかく始めてみようと思ってます。
そうしたら、新しい自分になれるような気がします。

2018年サッカーワールドカップの事について(その3)

2018年サッカーワールドカップの事について書きたいと思います。第1ポットの内、ドイツ、ポルトガル、ブラジル、アルゼンチンに勝つのは、ほぼ難しいと思います。勝つ事はおろか引き分けに持ち込む事も難しいと思います。ドイツは、1次リーグを敗退した事が過去に1回しかなくて、それ以外はほとんど決勝トーナメントに進出している安定したチームです。という事はドイツと当たった場合は、ほぼ100%の確率で負けるという事が想像されます。ポルトガルにはクリスティアーノロナウド選手がいるので、もし彼のロングシュートが何回も炸裂した場合は、大量失点で負ける事を意味します。ブラジルは、ネイマール選手がちょうど脂が乗った時期に来ており、チームは成熟している時だと思います。そんな成熟したブラジルを相手にして、勝てる見込みは薄いと思います。アルゼンチンは、調子の上下がありますが、メッシが最後の大会になる事を想定して、特別なモチベーションで大会に臨んでくるはずです。そのため、アルゼンチンに勝つのも難しいと思います。