森友の文書を書き換えたのは単純な理由だと思う

森友文書を書き換えた問題で財務省の追求が始まるかと思いきや、政権批判で政権を倒す話ばかりしている野党である。
問題はそこじゃないと思うし、結局新たな事実は出てこないのが森友問題だ。
なぜ書き換えをしたかというと、やっかいな土地を売りたくてなんとか政治家の名前をつかったけど、後で問題になりそうになってきたから書き換えたというだけに見えてきた。
どうも、それ以上のことはいくらやっても出てこないで憶測でしかない。なんでこの森友の土地はやっかいな土地で特別なケースというのを調べなきゃ始まらないと思うのだがどうだ?
他にも安くなった土地があるそうだから、そちらを調べる動きになぜならないというほうが、不思議なんだがどうも野党にしても報じている新聞もそこは触れたくないらしい。触れたくないらしいということはそこが問題じゃないのと思うのだが、なにせこの事件はもういいよ!って感じなので自分としては微妙なんだけどね。
やっぱり!

はたして孫ブルーなのか、孫セラピーなのか。

最近、ネットなどでよく見かけるようになった「孫ブルー」という言葉。子育て真っ只中の私としては他人事ではない話です。

自分の親と同居していたり、近所に住んでいる人のことは本当に羨ましく、保育園の送迎やご飯、お風呂など、祖父母に頼れるなんて天国!と思って見ているのですが、そのお祖母ちゃんたちは疲れがたまっているようにも見えるんですよね。

実際、私はママよりお祖母ちゃんのほうが年が近いかもと思う人も多く、話を聞くと「この子を拾ったら次は別の孫を拾って帰らなきゃ」とか「送り終わったら今度はおばあちゃんのお見舞いなの」とか、とにかく忙しそうなんですよね。

うちの実家は電車で一時間くらいのところで、頻繁に育児のヘルプはお願い出来ず、母は自分が産休のみで働き続けていたので、孫を育てて子育てを体験してるようで楽しいと言ってくれているので、孫セラピーになるのかなとは思っているのですが…

頼りすぎて、倒れられても困りますし、私を思ってがんばってくれているのかもしれないですし、ブルーになってしまうのか、セラピーになれるのか、考えながら頼りたいなと思っています。顔脱毛 インプラント