ついに黄金時代が終わったなと感じました。

フィギュアスケートの黄金時代と言えば、30才前後の元選手たち。世界で闘ってきた男子選手は高橋大輔さん、織田信成さん、小塚崇彦さん、町田樹さん。女子選手は安藤美姫さん、鈴木明子さん、浅田真央さん。そして、今年引退を発表したのが無良崇人さんと村上大介さんの2人。誰かがどこかの試合で必ず表彰台に立ち、世界選手権やオリンピックの代表争いも毎回熾烈な争いでした。それにライバル関係でありながらも仲の良いことで知られていた選手たちです。
平昌オリンピック後終わって無良崇人さんが引退を発表し、浅田真央さんが座長を務めるアイスショーへの参加が発表されました。無良さんはオリンピックに縁がなかったものの豪快なトリプルアクセルが印象的な選手でした。村上大介さんもオリンピックの代表の座を掴むことはありませんでしたが、常に笑顔で繊細な演技を見せてくれる素敵な選手でした。この2人が引退したことでついにフィギュアの黄金時代が終わったんだなと思うと寂しく感じますが、時代の流れであるゆえ仕方のない事だなと思いました。脱毛ラボ VIO

1歳児連れでヒヤヒヤしながら過ごした温泉旅行

夫の両親と我が家で熱海へ一泊二日の温泉旅行へ行ってきました。
今回の旅行は、お義父さんの定年退職のお祝いに我が家が計画したもの。

これまで家族のために頑張って働いてきたお義父さんに感謝の気持ちを込めて、のんびりしてもらおうと3世代旅行をプレゼントしました。

娘と義両親が会うのは、約半年ぶり。
その時は、人見知り真っ最中の時期だったので警戒心丸出し。
じぃじ、ばぁばが近づこうとすれば、泣き叫んで拒否していました。

今回も泣き叫んだらどうしようかと不安だったのですが、会ってスグは様子を伺っている感じでしたが、10分もすれば慣れて、自分から抱っこを要求していました♪

その姿に、義両親はデレデレ。
抱っこをしてくれたり、手をつないで歩いてくれたので、私は久々に身軽な状態で自分のペースで歩くことが出来ました。

今回の宿は、子連れ歓迎&3世代旅行におススメとされていた温泉旅館。
メインで寛いだり出来る和室と洋室の2部屋が廊下で繋がっている造り。

和室の横には荷物置き用?なのか、2畳ほどの広さで襖で仕切れる場所があったので授乳の時も気を使わず過ごすことが出来ました♪

料理も美味しいし、朝・夕とも部屋食で他のお客さんに気を使わず済んだのも良かったです。
ただ、小さな子連れには和室は不向きだなと思いました…。

普段と違う状況ではしゃぐ子供。
障子や襖を破いてしまわないかと常にヒヤヒヤで、のんびり寛ぐという気分になれませんでした…。

それでも、久々にのんびり一人でお風呂につかることが出来たし、子供も久々にじぃじ、ばぁばに遊んでもらって楽しそうだったので本当に良かったです♪

眞子の結婚延期の理由が気になってました!

小室圭さんと眞子様の結婚の延期のニュースがテレビを見ていたら入って来ました。
今年予定されていたはずですが、2020年にのびたんですね。
一体どうして?と思いましたが、色々とやることがあるみたいで準備する時間もないみたいで遅らせるそうです。
私のような素人にはよく事情は分からないですが、前に婚約発表が災害で伸びたことがありましたよね。
でも今回は特にそのような災害とかもなかったしなんでだろうと思ったらそのような理由だったのですね。
てっきり考え直したいのかな?と思いましたが、結婚したいという意思は変わらないそうです。
知らなかったのですが、小室さまのお母さんが金銭トラブルを抱えているという報道が出ていたそうです。
小室さまはいい子かも知れませんが、もしかするとお母さんに何か問題があるのかも知れないですね。
小室さまに罪はないけど眞子さまは本当にそのような義母の息子さんと結婚してしまっていいのでしょうか?
延期して良かったかも知れませんね。

仕事ならあるよ大丈夫という言葉を信じてはいけない

現在仕事を探しているんですけど、いい仕事ないかなと思って探しているんですけどなかなかなくて人に相談すると必ず言われます。仕事ならたくさんあるよと励まされるんですよね。これ友達ならありがとうと思いますけど夫に言われると腹立ちますね。さっさと見つけて働けと言われている気分になります。
まあ働けと言われたわけではないんですけどね。こっちが稼ぎたいからやりたいと言っているだけです。

でも探すと本当にないんですよね。週二ぐらいで一日三時間でよくて急に休んでも大丈夫な仕事ってそりゃあんまりないですよね。たぶん私と同じように子供がいるママがこぞって応募するでしょうし受かればずっと働くでしょうしね。
現実って厳しいわあと悩んでいるところなんですけど、いっそ在宅ワークでいくかなとか思っていますけどたぶん外で働いた方がいいんですよね私は。自律神経がおかしくなりそうですもの。ちゃんと外に出て人と関わった方が自分の体に良さそうなのでもうちょっと探してみることにします。

たくさんの学習体験というのがありますがそれは

色々な体験学習が世の中にはあるわけですが、その一つに和菓子があります。要するに製菓の学習をする事ができるわけです。和菓子というのはなかなか作る機会がない、と言う人も多いでしょうからこうした機会があれば積極的にやっていくべきでしょう。体験学習ですからそんなに難しい事をするわけではないです。だからこそ、多くのメリットがあるのがこのようなイベントになります。少しはお金がかかる事になります。その菓子は持ち帰るなり、その場で食べるなりができるわけですが、その費用も含めてになりますし、割と時間もかかるわけです。ですが、こうした経験は将来的にも役に立つことがあるでしょうし、よい思い出になる事は確かになります。さすがにこれだけでその菓子が今後も上手く作れるようになるわけでもないのですが、大事になってくることは楽しめるかどうかです。その為、十分に経験してみる価値がある事ではあるのです。費用を惜しまないことです。

なぜいつのまにか、ポテトチップスの味はのりしおって思い込んでいた?

久しぶりにポテトチップスのうすしお味を買ってみたというよりも間違えた。最近では、のりしおしか買っていないので、うすしおの味を忘れていたよ。意外にうまいじゃないか…。なんで、ポテトチップスはのりしおじゃないとダメだと思い込んでいたのだろうか…。
30代の頃には、実はのりしおじゃなくてコンソメ味ばかりチョイスしていたのだ。なんかのきっかけでのりしおばかりになったと思うのだが、そのきっかけをこの機会に思い出していけば、単純な理屈でのりしおが値段が安くて大量に買ってきたためだった。まあ、なんて単純な結論で味もそっけもない…って味はコンソメいや、のりしおだったね。そういえば、最近なくなったカールも同じ理屈で、カレー味ばかり買っていた時期もあったがそれをチーズ味にしたのは、同じく大量にチーズ味だけが値段が安かったからだった。まあ非常に単純な脳みそで、思考が安っぽいわけだ。
まあ、逆に大量に買っていたから嫌いになったというものもあったような気がするが…。ベルタ 葉酸サプリ 購入店

森友の文書を書き換えたのは単純な理由だと思う

森友文書を書き換えた問題で財務省の追求が始まるかと思いきや、政権批判で政権を倒す話ばかりしている野党である。
問題はそこじゃないと思うし、結局新たな事実は出てこないのが森友問題だ。
なぜ書き換えをしたかというと、やっかいな土地を売りたくてなんとか政治家の名前をつかったけど、後で問題になりそうになってきたから書き換えたというだけに見えてきた。
どうも、それ以上のことはいくらやっても出てこないで憶測でしかない。なんでこの森友の土地はやっかいな土地で特別なケースというのを調べなきゃ始まらないと思うのだがどうだ?
他にも安くなった土地があるそうだから、そちらを調べる動きになぜならないというほうが、不思議なんだがどうも野党にしても報じている新聞もそこは触れたくないらしい。触れたくないらしいということはそこが問題じゃないのと思うのだが、なにせこの事件はもういいよ!って感じなので自分としては微妙なんだけどね。
やっぱり!

はたして孫ブルーなのか、孫セラピーなのか。

最近、ネットなどでよく見かけるようになった「孫ブルー」という言葉。子育て真っ只中の私としては他人事ではない話です。

自分の親と同居していたり、近所に住んでいる人のことは本当に羨ましく、保育園の送迎やご飯、お風呂など、祖父母に頼れるなんて天国!と思って見ているのですが、そのお祖母ちゃんたちは疲れがたまっているようにも見えるんですよね。

実際、私はママよりお祖母ちゃんのほうが年が近いかもと思う人も多く、話を聞くと「この子を拾ったら次は別の孫を拾って帰らなきゃ」とか「送り終わったら今度はおばあちゃんのお見舞いなの」とか、とにかく忙しそうなんですよね。

うちの実家は電車で一時間くらいのところで、頻繁に育児のヘルプはお願い出来ず、母は自分が産休のみで働き続けていたので、孫を育てて子育てを体験してるようで楽しいと言ってくれているので、孫セラピーになるのかなとは思っているのですが…

頼りすぎて、倒れられても困りますし、私を思ってがんばってくれているのかもしれないですし、ブルーになってしまうのか、セラピーになれるのか、考えながら頼りたいなと思っています。顔脱毛 インプラント

趣味として考えておくべきこととしてはまずは

趣味というのは色々とありますが、それはパソコンもあります。パソコンをすることによって、かなりしっかりと遊ぶことができるようになります。どんな遊びである、ということが人によってはいろいろと違いがあるでしょうが、それでもそこで重要になってくることはお金がかかのか、ということです。お金がかかるのであればあまりやる必要性はない、といっても過言ではないでしょう。大事になってくることはそこになります。パソコンで遊ぶというのはインターネットに繋がっているということでしょう。そこは当たり前ではありますし、それがないのであれば趣味としてはあんまり楽しいことではない、ということになります。趣味というのは好きにすればよいことになりますが、大事になってくることは安心して長く自分で楽しむことができるのか、ということがポイントです。パソコンで遊ぶのであればそうしたことがありますから、そこはよく理解しておきましょう。費用をかけないことです。

気がついて良かったです。危ないところでした。

週末久しぶりに実家に帰った時のことです。
朝起きて台所へ行くと、母が朝食の準備をしていました。前日の晩御飯の時のみそ汁が鍋に残っていたので、温め直そうとしていました。
すると、なんだか焦げ臭いにおいがしてきました。だんだん部屋に白い煙も見えます。
私が「なんか焦げていない?みそ汁?」と言うと、母は「みそ汁たくさんあるから焦げないよ」と言っています。
おかしいと思って、部屋中をきょろきょろしました。たばこはちゃんと消えていますし、ストーブも使っていません。
すると、母が「わかった!これだ!」と言いました。
母の所へ行ってみると、母は焦げたコルクの鍋敷きを持っています。
前日、みそ汁が余ったので鍋敷きの上にのせておいたのを、鍋敷きを鍋の底にくっつけたまま、コンロで温め直してしまったのです。
鍋敷きはコルク製だったので、すぐに焦げてしまったのです。危ないところでした。あのまま気がつかなかったら火事になってしまったかもしれません。
鍋敷きがゴミ箱行きになっただけで済みました。